スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    クライミングウォールの角度について (続き)

    2015.09.24 Thursday

    0
      直前の記事は15日なので一週間前の思考ですな。

      基本的な思考は変わっていなくて、幅広い層が楽しめるのはやはり110度±5度でしょうよ、ってとこなんですが、
      今作っているボルダリングジム(エクストリーム)の壁が曲面の壁と言う事で、そのメリット・デメリットなんかも考えたりしています。

      まずメリットとして、外でボルダリングした時に適応し易いというのはあるわけですね。
      ・連続的に斜度が変わる
      ・スタンスが壁によって隠れる
      そういった状況に対応できるようになります。

      デメリットとしては、上記理由により初心者がとっつきにくいというのはあるでしょうね。
      人生初のボルダリングをする時を想像すれば分かりますが、唯でさえプチパニック状態の登攀時に、考えなければならない要素は少ないほうがいいはずです。
      初めから外岩まで考えてジムに来るお客さんは少ないですから、10級課題は割と平面の場所に作ったりした方がいいんだろうな、と考えています。
      初心者目線って大事です。

      スポンサーサイト

      2017.09.01 Friday

      0
        コメント
        コメントする