スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポーツクライミング複合

    2015.10.02 Friday

    0
      オリンピックの主催国推薦枠で、スポーツクライミングがほぼ決まった件。

      あまりクライミングについて詳しくない友人からは、良かったね、なんて言われるわけです。
      でも、まともにクライミングに関わっている方なら、すんなりとは受け入れがたい内容なのは明らかでしょう。

      だって、
      ボルダリング、リードクライミング、スピードクライミング の複合
      ですからね。
      # 間違ってたら申し訳ない。

      ボルダリング、リードクライミングの複合なら分かるんだがなぁ。
      スピードクライミングは全く別の競技なのに。

      ホールドの種類が配置が決まっている、スピードクライミング。
      やっている人には申し訳ないですが、俺は面白みをあまり感じません。
      なぜならワンムーブの面白さがないから。
      キョンもトゥフックもヒールフックもない。
      他の2種目と違い、下半身の動きのバリエーションが全く無いのがスピードクライミングと言える。
      クライミングで超重要、かつ面白い要素が、スッポリと抜けているわけですな。
      # 今思ったけど、ダイアゴナルすらないわ。

      大体、日本どころか、世界を探したって壁が少なすぎるでしょう。
      競技人口も当然少ない。
      自分の周りにやっている人なんていない(できない)
      9年くらいクライミングやってきて、沢山のクライマーと話をしてきたけど、やっている人なんて一人もいない。
      唯でさえ少ないクライミング競技人口でも、それくらいやっている人が居ない。

      そんなスピードクライミングが、なぜ食い込んできたかといえば、
      ボルダリング、リードクライミングだけだと日本人が強すぎるからだとか…。


      とりあえず、オリンピック楽しみにはしてます。クライミングに興味を持ち、一度でも触れる人が増えるのはいいこと
      でも、”大人の事情”が大嫌いな自分としては、今回の決定は解せんなーと思う。

      スポンサーサイト

      2017.09.01 Friday

      0
        コメント
        コメントする