スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ボルダリング世界選手権

    2016.09.20 Tuesday

    0

      先日、楢崎智亜選手がボルダリング世界選手権で優勝した件がニュースを賑わせています。

      地上波でニュースとして出る様になったのは、2020年の東京オリンピック種目に選ばれた影響が大きいんでしょうね。

       

      で、ホールドメーカーとしては、その課題で使用されたホールドに目が行ってしまいます。

      なぜなら、今後のクライミングホールドの流行りが垣間見えるからです。

       

       

      クライミングホールドのここ数年の流行りは、

      ”デュアルテクスチャ”と、

      ”ヴォリュームと呼ばれる大きめのホールド(ホールドは付けられないもの)”

      といったところでしょう。

       

      今回の世界選手権でも、デュアルテクスチャで、より高さのあるクライミングホールドが多様されていました。

      今後もこの2つのトレンドが強調された形で続いていくものと思われます。

       

       

      こういった流行りのクライミングホールドは、私が函館で営業しているボルダリングジムにも入れています。

      # ただ、一部のホールドはシェイプや大きさはいいんですが、表面のザラザラ感が悪すぎます。コレに関しては好きになれないですね。

       

      で、大きいクライミングホールドは、必然的に高さ(壁に対して出っ張り方向)も出てくるわけですが、

      そういうホールドはどっ被り壁で生きてくるわけです(まぁスラブや垂壁でも使えるし面白いけど。ケガしやすいかも)

       

       

      ここのところボルダリング普及期が長く続いていて、

      ビジネス的な観点から、女性や初心者でもハンデ無く登れる垂壁、スラブ壁が多いボルダリングジムが増えました。

       

      ただ、こういう大きめで高さのあるクライミングホールドが流行りだすとすれば、どうなのかな、どっ被り壁の復権もあるんじゃないかなと思う次第です。

       

       

      どっ被り壁と言えば、エクストリームでも135度のどっ被り壁を鋭意制作中です。

      あえて曲面にはせず、ほぼ全面135度の壁が5m近く続きます。従って、かなり鍛えがいのある壁になるはずです。

      この壁をクライミングホールドの開発にも生かしたいところです。

      スポンサーサイト

      2017.09.01 Friday

      0
        コメント
        コメントする