スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ニューホールドその

    2017.06.06 Tuesday

    0

      ゴライアスクライミングホールドの山本です。こんにちは。

       

      実は新作ホールドをもう一つ出しております。

      Trスローパー(B)

      トラッドボルトオン Lサイズスローパー(B)

       

      これは直径17〜18cmのスローパーで、

      シェイプとしてはどのジムにもある様なごく普通のスローパーと思っていただいて良いと思います。

      トラッドボルトオン Lサイズスローパー(A) の方が一般的ではないシェイプですね)

       

      ホールドの取り付け回転角によって持ち感が変わりますので、スラブからドッ被り壁まで使えます。

       

      他社様が出しているものとの違いがあるとすれば、

      リーズナブル

      きめが細かい(ザラザラ感が弱め)

      回り止めのネジ穴の工夫がしてある事

      という面があります。

       

      に関しては特にこだわりがあります。

       

      ボルト穴とかネジ穴は本来クライミングホールドのシェイプには不要の物ですから、

      ホールディングの邪魔になる可能性は出来るだけ排除しなければなりません。

       

      他社様の近いシェイプのホールドは回り止めのネジ穴が外周近くに配置してあったり、

      そもそも無かったりします(無くても結局セッターが穴を開けるわけですが)

       

      トラッドボルトオン Mサイズスローパーセット(A) の一番大きいホールドもそうしているんですが、

      回り止めのネジ穴に指がかかるという事はシェイプとしてNGだと考えています。

       

      スローパーホールドがそういう風に持ててしまうのは本来ダメなんですよね。

       

      でもネジ穴は必要…。

       

      という事で、ゴライアスクライミングホールドのスローパ―では、回り止めのネジ穴をホールドの中心側に寄せる様にしています。

       

       

      全国のクライミングウォールのオーナー様、ご検討よろしくお願いしますm(_ _)m

      スポンサーサイト

      2017.09.01 Friday

      0
        コメント
        コメントする