スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    ポリウレタン製ホールドの良い点を健康面から主張したい件

    2016.09.10 Saturday

    0

      我がゴライアスクライミングホールドは、ホールドの材質としてポリウレタンを使用しています。

       

      このポリウレタンの原材料費は、旧来の材質である不飽和ポリエステルの、3〜6倍位はしてしまいますので、利益は減ります。

       

      しかしながら、価格競争的に厳しくても、ゴライアスクライミングホールドや海外の多くのホールドメーカーでは、あえてポリウレタンを使用している訳です。

       

       

      その理由として、

      ポリウレタン製のクライミングホールドは、

       

      ・適度な弾性がある、とか、

      ・中空にしやすい、等の

       

      機械的物性が不飽和ポリエステル製ホールドより優れている、というのがありますが、

      健康面から考えても、ポリウレタン製は不飽和ポリエステル製ホールドと比較して優れています。

       

      不飽和ポリエステル製ホールドは、シックハウス症候群の原因物質がモロに発散します。

       

      ポリウレタン製のホールドは(ほとんど※)発生しません。

      ※ 希釈のための溶剤が多く入っている樹脂を使っているメーカーのホールドは、ポリウレタンでも発散するかもしれないです。

       

       

      建具屋の友人に聞いた話ですが、

      家を建てるときに使用する建材では、このシックハウス症候群の原因物質については厳しく規制されていて、

      実際に使う事が難しくなっています。

       

       

      最近ではリビングの壁にクライミングホールドを設置する方が増えている様ですが、

      そこに設置するホールド、不飽和ポリエステル製かウレタン製かどちらを使いますか?

      って話ですね。

       

       

      建築業の方なら理解できると思いますが、

      不飽和ポリエステル製のクライミングホールドを建材と考えるならば、NGでしょう。

      (ユーザーが後付けするから付けられるだけ)

       

       

      不飽和ポリエステル製のホールドに鼻を近づけると、スチレン(モノマー)のツンとした匂いがしますが、

      臭気を感じるのは 60ppm 以上と言われているのに対し、

      厚労省の指針値は 0.05ppm となっています。

      臭気を感じる時は指針値を大幅に上回ってしまっているという事になります。

       

       

      これを付けますか?しかもリビングに?

      という問いかけを私はしたいのですね。

       

       

      我がゴライアスクライミングホールドは、材料としてポリウレタンを使っていますのでそういう心配はありません。

      こういう事はきちんと言う権利がありますので、ここに書いておきたいと思います。

       

       

      日本では、競合にとって不利な事を言うと良く思われないのは分かります。

       

      ただ、メーカーとして、ユーザーの健康にとって不利な事は書かないのは良くないのでは無いでしょうか。

      新作失敗

      2016.06.24 Friday

      0

        新しいホールドですが、ちょっと失敗してしまったのでリリースが伸びてしまいます。すみません。

         

        で、ちょっと落ち込んでいたら、そのシェイプへの付加的な要素を思いつきました。

        自分的には今まで見た記憶が無い。正直クライミングホールドのシェイプは出尽くしてる感があるわけですが、まだあるなーと。

         

        今度は失敗しないように作ります。

        ニューホールド製品版

        2016.06.15 Wednesday

        0
          シェイプの大枠ができました。

          今回は、まぁまぁ優しめのシェイプを目指しました。
          ホールディングを攻めたシェイプは上級者向けのホールドになってしまう事が多いんですが、
          割と初心者でも持てると思います。
          大きめ(XLサイズ)なので、ゴールにも使えます。

          そしてこのニューホールドは、もう当たり前になった感の強いデュアルテクスチャのホールドになるわけですが、
          デュアル部(ツルツルの方)の仕上げは、メーカーによって差がありますね。

          今までのゴライアス製クライミングホールドのデュアル部は、そこそこってレベルだったと思いますが、
          今回は可能な限りツルツルになるようにしたいと思っています。

          早めにリリースしたいところ。

          ニューシェイプのプロトタイプ作りました

          2016.06.14 Tuesday

          0
            タイトル通りですが、
            今クライミングホールドのニューシェイプを出そうとしていて、
            プロトタイプを作ったりしています。

            想定通りの部分があったり、
            良かれと思ってやった事がシェイプの特徴を台無しにしていた事に気が付いたり、
            やはりプロトは作るべきだなと。

            あまりホールディングに制限のある難しいシェイプにしてしまうと、そもそも楽しめるクライマーが限られてしまうんですが、
            ありふれたシェイプにしてしまうと、そのホールドの存在意義自体が無くなってしまいます。
            その辺のバランスが非常に難しい。

            引っ越し中

            2016.06.10 Friday

            0
              運営しているボルダリングジム(エクストリーム)の営業が移転後のドタバタから一息ついた感じなので、
              今更ながら、旧ジムを解体しクライミングホールド製造の拠点の引っ越し作業をしています。

              引っ越し後は作業スペースが広くなる為、大きいホールドも作りやすくなりますし、
              シェイプ数も増やしやすくなると思います。


              旧ジムの解体ですが、
              長年の埃(チョーク)の堆積がすごくて、喉をやられました。

              なかなか手ごわいながら、
              クライミングウォールの解体は終わったので、もう少しがんばります。