スポンサーサイト

2017.09.01 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    他社製のクライミングホールドから学ぶ

    2016.06.09 Thursday

    0
      年末にジムを移転後、ずっとバタバタしてました。
      気が付けば半年以上ブログを更新して無かった様です。。。

      ジム移転のタイミングで壁面積が広くなったので、たくさん他社製のクライミングホールドを買い、たくさんのニュー課題と出会ったんですが、これがすごく勉強になりました。

      具体的にはちょっと書けませんが、
      クライミングの課題とホールドの世界は、ここ1,2年でもまだまだ進化してるな〜って感じです。

      特に最近は垂壁ができたことで、垂壁ならではの課題を構成するホールドに面白さを感じてます。

      ゴライアスの方でもいい加減ニューシェイプ出さないとって感じですが、
      他社製クライミングホールドのコンセプトをそのままパクるのは嫌いなので、
      参考にしつつ、新しいクライミングホールドのアイデアを練っています。

      やっぱデカいヤツか?
      スクリューオンかボルトか。
      # スクリューオンホールドの役割も、デカいホールドやボテが増えてきた事で、
      # 一概にボルトオンの補助的な役割という訳では無くなってきていますね。
      1種類のホールドだけを使った課題とか面白いよな〜とか。

      いろいろ考えを巡らせています。

      ほんとにそろそろおニューを出したいです。

      かおりんのブログに

      2015.10.16 Friday

      0
        何となく、かおりん(細野かおりさん)のブログを見ていたら、
        思いがけず、ゴライアスのホールドが出て来て嬉しい。
        (まん中変の黄色い富士山みたいなの)
         

        クライマー・カオリンのぼやき


        このホールド、ある程度キャリアのあるクライマーが好むホールドみたいです。
        被り壁に付けるとランジの邪魔になる(腹に刺さる!)ので、スラブ、垂壁、薄被り壁のゴール用ホールド等におすすめですよ〜
         

        トラッドボルトオン Lサイズスローパー(A)

        スポーツクライミング複合

        2015.10.02 Friday

        0
          オリンピックの主催国推薦枠で、スポーツクライミングがほぼ決まった件。

          あまりクライミングについて詳しくない友人からは、良かったね、なんて言われるわけです。
          でも、まともにクライミングに関わっている方なら、すんなりとは受け入れがたい内容なのは明らかでしょう。

          だって、
          ボルダリング、リードクライミング、スピードクライミング の複合
          ですからね。
          # 間違ってたら申し訳ない。

          ボルダリング、リードクライミングの複合なら分かるんだがなぁ。
          スピードクライミングは全く別の競技なのに。

          ホールドの種類が配置が決まっている、スピードクライミング。
          やっている人には申し訳ないですが、俺は面白みをあまり感じません。
          なぜならワンムーブの面白さがないから。
          キョンもトゥフックもヒールフックもない。
          他の2種目と違い、下半身の動きのバリエーションが全く無いのがスピードクライミングと言える。
          クライミングで超重要、かつ面白い要素が、スッポリと抜けているわけですな。
          # 今思ったけど、ダイアゴナルすらないわ。

          大体、日本どころか、世界を探したって壁が少なすぎるでしょう。
          競技人口も当然少ない。
          自分の周りにやっている人なんていない(できない)
          9年くらいクライミングやってきて、沢山のクライマーと話をしてきたけど、やっている人なんて一人もいない。
          唯でさえ少ないクライミング競技人口でも、それくらいやっている人が居ない。

          そんなスピードクライミングが、なぜ食い込んできたかといえば、
          ボルダリング、リードクライミングだけだと日本人が強すぎるからだとか…。


          とりあえず、オリンピック楽しみにはしてます。クライミングに興味を持ち、一度でも触れる人が増えるのはいいこと
          でも、”大人の事情”が大嫌いな自分としては、今回の決定は解せんなーと思う。

          たまらんので書く事にした

          2015.09.29 Tuesday

          0
            あんまりネガティブな事は書かないようにしているんですが、
            ちょっと酷いので書くことにした。


            最近、ホールドの注文をちらつかせて、壁の作り方などの情報を得ようとしている人が多すぎます。
            そして回答後、”申し訳ありませんが、これ以上の対応は注文を受けてからにさせてください”、と書くと、

            正常な人は、
            ”そうですよね、失礼しました。注文します。”
            となるわけですが、

            そうではない人は、
            ”グーグルで検索できる程度の情報提供しかできないクセに”
            なんて事をおっしゃるってキレるわけです(今日あった)


            あのですね、ボランティアじゃないんですよ。
            キレるって事は、初めから注文する気なんてないんでしょう。
            壁の作り方に限らず、
            どんな方にはどんな壁が最適か、どんなホールドが良いか、そういった情報はリスク背負ってジムを営業して時間をかけて得た知識です。
            それと引き換えにホールド一個買うのがそんなに苦痛ですかね。

            結局買わない、情報クレクレ君(お客様ではない)のメール対応に時間取られた結果、
            注文いただいている方(お客様)の納期が遅れる何て事は冗談じゃないんですわ。

            ふざけないでほしい。

            makita

            2015.09.25 Friday

            0
              運営している(利益追求ではないので運営という言い方にこだわる)函館のボルダリングジムの移転のため、
              最近は毎日木工をやっています。
              それに伴い電動工具もいくつか買い足したりしています。

              少し前に買ったのがマキタの中古電気カンナ。
              電気カンナ

              ネット上の評判では、全然使えない電動工具、という声も少なからずあったので期待していなかったんですが、
              自分的には結構使える電動工具だな、と思います。
              人力の20倍くらい効率が良い。
              切削部は見えないので、状況は音で判断すると上手く行く様です。
              あと木目の方向も考えるといいかも。

              # 過去買って最もハズレだったのが、ブラックアンドデッカーの電動のこぎり(丸ノコではない)。
              # でも極稀に使える場面があるので手放せない。


              マキタという会社の作る工具は、非常に永く使えますな。
              中古でもしっかり動作するし。消耗部だけ交換すれば安心して使える。↑のカンナだって20年くらい前のものかも。

              モノ造りをする立場から見ると目標にしたいところです。
              すなわち、クライミングホールド製造の世界でも、同じところを目指したいなと、思った次第です。
              ブラックアンドデッカーは目指さない(笑


              ちなみに、後ろの缶ジュースは近くにある自販で売っていたもの。
              変なものにハマってしまう時ってあるわけですが、今そんな感じで結構飲んでいます。
              たまに出すならそんなクライミングホールドもいいな。